資産状況 (2017年9月)

だいぶ久しぶりの更新となってしまいました。

しばらくブログを更新していないと、記事を書くのも一苦労です。

とりあえずリハビリということで、短めの記事とします。 

 

さて、今回は9月時点での資産状況の報告と、今後の投資方針のご紹介です。

 

■総資産

7,884,269円

 

アセットアロケーション(かっこ内は割合)

現金・預金  4,159,653円(52.9%)

日本債券   2,616,814円(33.29%)

日本株式   307,696円(3.9%)

国債券   186,517円(2.3%)

外国株式   550,946円(6.9%)

その他    143,074円(1.8%)

 

その他資産は、J-REITが約4万円、最近始めたビットコインが約10万円となっています。

 

■考察

 まず、やはり現金・預金の比率が高いのが気になります。現在独身一人暮らしのため、これだけ貯金があれば当面の生活はできますので、もっと投資に回すべきでしょう。

 次に、日本債券が約30%とそれなりのボリュームですが、これには実はからくりがあります。この日本債券のうちの大部分は、会社の持家財形貯蓄による定期預金です(利率から、普通預金よりも日本債券に近いため、こちらに分類しています)。ただし、住宅を購入しないことになれば、これは単なる普通預金となってしまうわけで、そうなると資産のほとんどが現金・預金になってしまい、かなりいびつはアセットアロケーションとなってしまいます。

 また、各アセットクラスの内訳ですが、実は国内外を問わず債券・株式はすべてインデックス投資信託です。これはNISA口座を使った積立投信で、今後も継続して積立は行うものの、それだけで資産を大きく増やすことは難しい状況です。

 

■今後の投資方針

 現金・預金がかなりだぶついているので、もう少しリスクをとって、個別株投資や不動産投資などにシフトしていきたいと思います。

 

 

 久しぶりのブログで、これだけの内容を書くだけなのにかなりの時間を要しました。やはり、毎日コツコツ続けていくことが重要なようです。